お問い合わせ

Answer

火災保険を活用した大規模改修工事事例

築30年の物件、入居者から雨漏りのクレームがあり、弊社へ診断の依頼を頂きました。 建物診断を行ったところ、直接の雨漏りの原因部を見つけることが出来ましたが、建物全体的にタイルの割れやクラック・塗装の劣化が予想以上に深刻であることが判明し、抜本的な修繕が必要であることが分かりました。

オーナー様が抱えていた課題・背景

ご家族も、この物件はお父さんが遺してくれた物件なので、しっかり守っていきたい。との思いが強かったため、その年の台風の影響で、損傷していた屋上の金物の補修に火災保険を適用できることとなり、屋上金物の補修のために足場を設置する機会を有効活用した大規模改修工事をご提案させて頂きました。

提案のポイント

タイルの剥がれやクラック・コーキング不良・金物不良・塗装の劣化が原因で、躯体へと水が浸み込んでいる状態でしたが、今回の補修工事により建物寿命を延ばす事が出来ました。
費用面でも、別途外壁補修工事を行なった場合に発生する足場費用分を削減でき、大変喜んでいただきました。

ベランダは常に雨や紫外線などの過酷な状況に晒されており、劣化が進みやすい場所です。今回は塗装の劣化し、躯体を通じて雨水が内部に侵入し雨漏りが発生したと考えられます。

ALCパネルは耐火性・防音性・耐久性・断熱性など多くの機能を併せ持ちますが、調湿性が高いが故に吸水性も高く、浸水した場合、ひび割れが発生し修復も困難になります。今回はタイルの剥がれにより水が染み込み、ひび割れが広がってしまっていました。

デザイン

隣地の建物が低層で奥まっているため、物件側面全体が露出しており、この一面を上下カラーを塗り分けるツートンカラーでデザイン。紺と白の塗分けでスタイリッシュな仕上がりに。入居者や近隣の方からも「周囲が明るく見える」と好評とのことです。

賃貸経営お困りごと相談

お一人で悩まず、
どんな相談・お悩みでもお気軽にご相談ください。
お電話・オンラインでのご相談も可能です。